ホーム > HCMA(兵庫県介護支援専門員協会)とは

HCMA(兵庫県介護支援専門員協会)とは

 一般社団法人兵庫県介護支援専門員協会は、介護支援専門員が相互に連携し、研修等の活動を通じて専門性の向上に努めるとともに社会的地位を確立し、公正・中立な立場で介護支援業務を遂行する中で社会への提言を行い、もって県民の保健、医療、福祉の向上に寄与することを目的としています。
 県下を7つのエリアに分け各市(広域を含む)単位に23の支部組織があり、それぞれ独自にあるいは連携しながら活動しています。
 また、調査研究委員会、認知症ケアマネジメント委員会、気づきの事例検討会推進運営委員会、相談窓口委員会、自己評価シート推進委員会、主任介護支援専門員委員会、広報委員会、研修単位認定委員会を設置し事業運営を担っています。
 事業の特徴として、兵庫県独自でケアマネジャーに求められる専門性を体系化し、ケアマネジャー手帳を発行し研修カリキュラムごとに認定シールを発行し、自己研鑽の糧としています。

ページの先頭へ戻る

 
 
?